ゴルフは続くよどこまでも#7「パターは恋人」

パターは恋人

 

14本ある多種多様なクラブのうち、もっとも自由度の高いクラブがパターといえる。

 

ヘッドが棒状のもの、真四角のもの、ツノがあるもの、ラインがついているもの、重いもの、とてつもなく大きいもの・・・

 

また、打ち方も基本はあるものの、グリップのしかたにも正解がない。

諸説あって、諸説が正しい。要は、入ればなんでもいいのだ。

 

だけど、その自由度の高さと正解が存在しないことゆえに、あれこれ悩むのも事実である。

 

大学のゴルフ部の先輩が、あーでもない、こーでもないと頭を悩ませていた。

 

その先輩は(私と違って)とても繊細な人で、イップス※になりかけていた。

 

先輩はパターは3種類ほど持っていたが、しょっちゅう他の部員のパターを借りては、部室のパッティングマットで試し打ちしていた。

 

私は当時、ツーボールという大きいヘッド形状のパターを使っていて、「まっすぐ引いて、まっすぐ打つ」ということだけに集中していた。

手首から先を使いたくなかったから、肘を張ってグリップはガッチガチに硬く握っていた。

 

あるとき、ほかの先輩がぼそっと革新的なことを言ってのけた。

 

「パターをすぐ替える人は、恋人もすぐ替えるんだよ」

 

たとえば、上手くいかなかったら、すぐに新しいパートナーに乗り換える。

でもいきなり替えると不安だから、保険に23持っておく。

そして新しく登場するものがカッコよく見えて、ちょっと試す。

 

何がいいのかわからなくなったら、一旦離れてリフレッシュすること。

要は、入ればなんでもいいのだ。(そういう意味ではない)

 

ゴルフも恋も、迷いだらけで正解はないのだ。

 

ガッチガチのグリップだった私は、「もしかして私の恋は、束縛が強くて、重たいのでは」と少しフォームを見直した。

 

今でも、パターを買い替えようかなと欲が出たときに、「パターを替える人は恋人もすぐ替える」という呪詛を思い返し、初心に返るのである。

 

 

イップス:スポーツの動作に支障をきたし、自分の思い通りのプレーができなくなる運動障害のこと(by Wikipedia)。ゴルフでは、パッティングの際にストロークができないことを指すことが多い。

 

 

[プロフィール]

ヒッティ

1987年生まれ。ニュージーランド在住。幼少期からゴルフを始め、一時はプロを目指すも、今なおアマチュアとしてゴルフを愛し続けている。現在のハンデはゼロ以下。日本とニュージーランドで女子ミッドアマ チャンピオンのタイトルを獲るなど、珍道中を邁進中。

コメントを残す

コメントは承認され次第、表示されます。